2010年11月01日

輝け、ご隠居!

チームイーストウインドの活動報告紙東風見聞録を開始して5年以上になる。最初の頃はSue's Barのコーナーがあり、各界で活躍している人に、酒を酌み交わしながら語ってもらうという企画があった。アスリートばかりではなく、普通のサラリーマンもいたし、ショップのオーナーもいたし、獣医さんもいた。

なんだか異種格闘技みないな会談だったけど、世の中にはこんなに面白い人がいるのか!と会って話しをするたびに驚いたり、感心したりと、随分と勉強になった。

しかしなかなか取材にいけなくなってしまい、今は休載が続く。子育てが一区切りしたら、またインタビュー活動を再開したいと思っている。

さて、そんな東風見聞録をお送りしている人からよくメールを頂く。「田中さんたちの今後の活躍をお祈りしています」から始まり、「ウチの町でも何かレースできませんか?」や「今度、呑みましょう!」や、中には「ガンバレ、竹内靖恵!」というメールまでも(感涙)。
どんな反応にせよ、こうして返事をいただけると心底嬉しいし、それが5年間も続いてきた励みでもある。

先日、第38号を発行した。そしてあるお世話になった先輩(60代で、すでに定年退職している)よりメールがあった。

「田中さんたちのような若い方が頑張っていることがとても刺激になり、私もこの年になって川のりの養殖を始めました。若い人も手伝ってくれて、それがとても刺激になります」とあった。

この方にとって私たちは若い世代である。が、アドベンチャーレース界にではすでに「おじさん」「おばさん」の世代だ。世間で言うとご隠居の類に入るかもしれない。

そんなAR界の隠居である私たちがこうして頑張る理由のひとつは、若い世代に「ARでも生活できるんだ。好きな事でも食っていけるんだ」と思ってもらうためにある。もちろん好きだけではダメだ。頭を下げること、嫌な事、面倒な事、苦手な事でもしなくてはならない。

今、うちのチームには2名の若者がいる。彼らは自分のすべてを投げ打ってついてきてくれた。そんな彼らに私たちは見本であるべく、道しるべとならなくてはいけない。その道しるべを示すためにも今の道を歩む必要がある。たとえそれがどんなに険しい茨の道であっても、歩いている時間は決して無駄ではない。万が一ルートをミスしたら、そのルートミスを基に、彼らには正しい方向に歩いてもらえばいい。コンパスを使うないし休憩をするないし、思った道をしっかり進む方法論はいくつもあるはず。

川のりのおじ様も同じである。この方は「若い人から刺激を・・・」というが、実はその逆で、若い人たちは、自分がリタイヤした後の人生を見るべく、このおじ様から刺激をもらっているのだ。

介護、認知症、年金問題、孤独死・・・
私たちが進む先は今や暗い問題が山積だ。そんな悲観的な問題ばかりをマスコミが取り上げるものだから、若い世代は将来の夢や希望を失い、年金だってどうなるか分かったもんじゃないと払う事もしない。いい大学に行って○○庁に務める事が安定した生活を保障してくれると思わせるこの国で、どうやって若者に元気だせと言えるのだろう。

ちなみに国が破綻寸前にあるギリシャは人口1100万人程度なのに、公務員が100万人。公務員の家族を含めればギリシャ人の相当数は、国から支給される賃金で暮らしていることになる。今のままじゃ公務員希望者が増え、やがてはこうなっちゃいますよ。

そんな中で、こうしてリタイヤしたおじ様やおば様が元気に新しい事にトライしている姿こそ、若者たちに夢を与える力になっているのだ。

中高年のみなさん、ご隠居のみなさん、どうぞ大いに新しい事に挑戦してください。そしてその意欲を若者に見せつけてください。それが今の日本を元気にする原動力になるかもしれませんよ。フォッフォッフォッ(ご老公様の笑い声)

2011.1.22 ナビゲーション講習会リンク用バナー_small.jpg


名刺作成 サイトで自由にデザイン名刺くん
posted by Sue at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 干物女の行水 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スは凄いなあ!ブログ読んでいてそう思います。いろんな事から学び気付き実践に活かそうとしていて、更に周りの仲間にも参考になればとブログに書き込む、一連の流れが素晴しい!中々出来ないよ。凄く自分の人生を一生懸命生きている。
Posted by 晏 at 2010年11月03日 11:28
晏ちゃん
すべては周りの人から教えられていることで、オツムの悪い私はすぐに忘れてしまうので、ここに書きとめて覚えておこうと思って(笑)。バッシングされる事もありますが、それでも「わかる、わかる」「そうそう」と思う人が少しでもいるので公開をしています。
それと娘がいつか大きくなってこれを読んで「かーちゃんってこんな事を思ってたのか~」と思う日がくるかもしれないと(いい方向でですが)、続けております。自己満足ですがね(笑)それも良しとしてます。うっしっし
Posted by Sue at 2010年11月04日 09:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック