2011年07月15日

仕事をする意味

この仕事を続けてふと思う。私は人の役に立っているだろうか。

私のような微力な人間が、多くの人の役には立てない事は承知のうえ。たとえ多くの人のためでなくてもいい。それでも誰かの役に立ってれば気持ちが満たされる。では、誰の役に立っているだろうか?

以前は物づくりをする会社にいた。何千人といる労働者の中の歯車のひとつではあったが、人が快適に生活し、その命を守るための部品を作っていた。だから人の役に立っていた。

その前はサービス業界に身を置いて、人が快適に過ごせる空間を作る事に従事していた。だから人の役に立っていた。

さて今はどうだろうか・・・・。
アドベンチャーレースなんてなくたって生活はできる。あったとしても生活が便利になるわけでもない。

ならば他のスポーツはどうだろうか。

オリンピックはひたむきな選手の努力と涙が日本に感動を与える。それと同じように、規模は比べ物にならないにしろ、イーストウインドも感動を与えているのだろうか。

若い世代はこれを見て奮い立っているだろうか。

自分はこの仕事を誰のためにやっているのだろうか。何のためにやっているのだろうか。

辛かったり苦しかったりする事もたくさんあるのに、それでも、なおやり続けるのはどうしてだろうか。

分からないながらも、目の前の仕事に必死で向かう。それでいいのかもしれない。今、与えられた仕事を一所懸命にがんばる。それがきっと誰かの役に立っているはず。

そう信じて、今日もひとつひとつの事を一所懸命にやっていこう。
posted by Sue at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 干物女の行水 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仕事をする目的というと、お金のため、という理由が1番大きいかもしれません。
でも仕事をする意味というと、やっぱり患者さんのために役にたちたい、こんな私でも患者さんに喜んでもらえる、という気持ちがあるからですかねー。

元気に働けるということは、家族の協力あってなので、ありがたいなぁと思います。

Posted by かな at 2011年07月15日 20:40
アドベンチャーをやっていたからこそ、色々な出会いがあって今に至っております。
様々な経験が、多方面で役に立っております。
個人的に大変ありがたく思っています。

アドベンチャーレーサーが顧客ならば、顧客満足度は相当に高いですよ。
Posted by がちを at 2011年07月15日 21:31
本当、無駄なことなどないですよね。やってる最中はなかなか気付かないものなんですが、あとで振り返ると不思議と何かしら意味があるんですよね。自分がテイケイ時代に学んだことです。今、みなかみに向かう最中です。この時期にはないハイウォーターに感謝です。
Posted by とみ at 2011年07月16日 02:19
何かを成し遂げることも大切だけど、成し遂げるまで続けることも大事だなぁ、と思います。
Posted by 魔神 at 2011年07月16日 11:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック