2019年01月25日

宝にするか、ガラクタにするか

少し前に目にしたニュース。
こちらは小学校2年生の算数のテスト。不正解の算数の回答の理由が難問すぎる、というので話題になっている。

l_kikka_190121nanmon002.jpg


三角や四角形の描図が不正解。
不正解の理由は「線がずれているから」と「直角記号がないから」であった。ちなみに小学校2年生は「直角記号」はまだ習っていないらしい。

ぱっと見は正解とも思えるが、よほど厳格に正確性を要するテストだったのだろう。しかも未習内容がテストに出るとなれば、かなり前を行く学校とも見える。相当な進学校なのだろうか。不器用な私が、小学校2年生の時にこの先生に当たっていたら、かなり辛かっただろうなぁ。

もしかすると、この先生はテスト前に「線が少しでもずれたら、それは四角形でも三角形でもありません」と説明したのかもしれない。
でも、もしこの生徒が私くらい不器用であって、それでも精いっぱい丁寧に描いた図だとしたら?
先生はそこを評価してくれるだろうか。それとも厳粛な結果のみを評価するだろうか。

結果は大切だ。それは目標ともいえる。勉強であれ、スポーツであれ、仕事であれ、みんな目標(結果)に向かっている。ゆえに正しく描画すること、つまり結果はそれまでの集大成である。

しかし、本番でどうにもうまくいかない事もある。間違える時だってある。
ならば、せめても努力を評価する人が近くに一人いたとしたら…。どこが違って、どう正していけばいいのかを一緒に考えて、一緒に練習すれば…。
この生徒はきっと次は線をはみ出さずに図形を描くことができるだろう。

間違いは宝である。放っておけばカラクタになる。
間違いからたくさんの学びや気づきがある。奮起する糧でもある。そして、そこを正していく過程で絆や信頼が生まれることもある。言うなれば、子どもの間違いは、本人だけではなく、周囲の大人、特に親や教師にとっても宝である。宝にするかガラクタにするかは、大人次第でもある。

私もいくつかの宝をガラクタにしてしまった。間違いに気付いても、そこから逃げた。あの時、やってしまった間違いに目を背けなければ、もっと大切な友情が生まれていたのかもしれない。もっと信頼関係が築き上げられていたのかもしれない。もっと心の豊かな人になっていたかもしれない。

今からでも遅くない。自分がやってしまった間違いにひとつひとつ向き合い、反省し、ガラクタを宝に変えていこう。やがて娘にちゃんと渡せるように。



posted by Sue at 14:17| Comment(0) | 悪妻のボヤキ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント