2019年03月20日

世界の車窓から 〜今日は長野です〜

隊長、列車の旅。

着替、シューズ、アドベンチャーグッズ類など、でっかいダッフルバッグに詰め込んで、かなりな重量で、いざ出発。
電車には手荷物超過料金が発生しないことが有難い。

さて、新幹線を2本乗継ぎ、在来線も2本乗継ぎ、長野県某所へ。

長い列車の旅は、仕事もやれるし、景色や駅弁も楽しめるし、本も読める。初春の車窓を楽しみながらウトウトするのも気持ちがいい。
ローカル線ならではの良さがある。
まるで「世界の車窓から」を思わせる。
いいな、いいな。在来線のゆっくりのんびり一人旅。


それなのに・・・・
嗚呼、それなのに・・・

やらかした。
またもや奴は、やらかした。

そろそろ到着しただろう思う時間に一本の電話。
「ダッフルバッグ、金網に置いたまま下車しちゃった。これから会議があるから、駅に電話して探しておいて」

バッグがないことに気が付いたのは、最終目的地について、しばらくしてからだそうな。

どこをどうやったら、あんだけ目立つ荷物を忘れる?
そもそも、あれだけ重い物が途中でなくなったということに、なぜ気が付かないのだろうか?

まぁ、あの巨大な荷物を持って行こうとするのも勇気がいるゆえ、盗まれてはいないだろう。逆に発見して金網から下す方が気の毒だ。

駅には直接電話できない。ゆえにJRの忘れ物センターさんに問い合わせるしかない。問合せ続ける事、2時間。ようやくダッフルが見つかった。しかもかなり手前の駅に預けられていることが判明。

「〇〇駅にあるって」と伝えたら、喜ぶどころか、返ってきた言葉が
「厄介な駅に行ってしまった感じ」

カチッ(スイッチオンの音)。
「あんたがこの厄介をやらかしたんだろーがーーーーー!!!!!」

というわけで、帰りに引き取りに行きましたとさ。

皆様、春です。桜の開花も間もなくです。社内に御忘れ物のないように。

posted by Sue at 11:46| Comment(0) | 悪妻のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント